Link

  • 子ども用PCのテーマに♪

  • 美女Linux

Tweets

無料ブログはココログ

Live USB

2013年6月26日 (水)

Ubuntu 12.04でのカスタムカーネルの作り方

Image17

今日は、こちらの投稿ではしょってしまったカーネルの再構築のやり方に関して書きたいと思います。
子ども用Live USBに仕込むカーネルは、パソコンの内蔵HDDへのアクセスができないように、NTFS, ext3, ext4などの一般的なファイルシステムのドライバーを削除しておくべきなのですが、Ubuntu 12.04のカーネルはNTFSはモジュールはともかく、他のファイルシステムは抱え込んでしまっています。
仕方がないので、カーネルを再構築して、ドライバーの削除を行うことにしましょう。

続きを読む "Ubuntu 12.04でのカスタムカーネルの作り方" »

2013年6月 9日 (日)

子ども用Live USBを作ってみよう(改訂第2版)

20130609_005459_2

今年に入ってからUbuntu 12.04 LTSのLive USBをカスタマイズした子ども用パソコンに関する記事をメインにブログを書いてきました。

当初から語呂合わせでOKPCという愛称で呼んできましたが、せっかく『萌ぇぶんちゅ(moebuntu)』のToyさんからロゴを頂いたので、今後はこれをKidsntu(きっずんちゅ)という 愛称で呼ぶことにします。

中身は単純にUbuntu 12.04 LTSのオレオレRemix CD(から作るLive USB)ですので、 オリジナルディストリビューションという立ち位置のつもりは毛頭ございませんが、以前よりも少しだけ完成度も高くなってきたので、一度作り方をまとめたいと思います。
これから書く作り方を参考にして頂き、パパさんにとって、家族にとって、子どもにとって、少しでも安全/安心なパソコンライフの助けとなれると嬉しいです。

※以前の記事『子ども用Live USBを作ってみよう』に比べて、手順がとても多くなっています。Windows PCをお子様に貸してあげるのであれば、以前の記事の内容だけでも十分ですので、まずは最小限のものを作って、今回の記事からは欲しいと思ったエッセンスのみ、段階的に取り入れて行くというのも、お勧めの進め方かと思います。

続きを読む "子ども用Live USBを作ってみよう(改訂第2版)" »

2013年4月11日 (木)

ubuntu-defaults-builderをイジってXubuntu, Kubuntu, Lubuntuなど派生ディストリのオリジナルRemixを作る

ubuntu-defaults-builder でカーネルを組み込むために、いろいろと中を覗いていて気づいたのですが、ubuntu-defaults-image というスクリプト、実は Xubuntu, Kubuntu, Lubuntu などにも対応しているようです。

試しに Xubuntu を作ってみたのですが、Ubuntu日本語Remix相当のisoがスカッと出来ました。

続きを読む "ubuntu-defaults-builderをイジってXubuntu, Kubuntu, Lubuntuなど派生ディストリのオリジナルRemixを作る" »

UCK(Ubuntu Costomization Kit)を使ってUbuntu 12.04 Remix CDを作る

Screenshot_okpc_v2

こちらの記事で書いた通り、子ども用パソコンOKPCはLinux(というかNTFS以外のファイルシステムを持つパソコン)を使っている人には不向きでした。
子どもがハードディスク内のファイルを閲覧/変更/削除するリスクを低く出来ないからです。

そこで、NTFSに加えて、Linuxで使用されている代表的なファイルシステムext3, ext4, XFS, JFS, ReiserFSなどをサポートしないカーネルを作ってLive USBに組み込むべく、いろいろ試行錯誤をしていました。

今までOKPCはubuntu-defaults-builderを用いていましたが、どうもubuntu-defaults-builderが作るchroot環境でdpkgによるカーネルのインストールを試みても上手くいかないため、uck(Ubuntu Costomization Kit)にツールを変更して、カーネルの組み込みにもなんとか成功しました。

ただし、趣味的には手作業が入らないubuntu-defaults-builderの方が好きなので、uckによるカスタマイズ方法の原稿を書きながら、ubuntu-defaults-builderでのTry&Errorを繰り替えしていた所、インチキくさいですが割と安易にカーネルが組み込めそうな事がわかってきました。

という訳で、uckを利用した子ども用Live USBの作り方は、幻の原稿になってしまいました。

おしまい?

続きを読む "UCK(Ubuntu Costomization Kit)を使ってUbuntu 12.04 Remix CDを作る" »

2013年4月 9日 (火)

ubuntu-defaults-builderをイジってカスタムカーネル版のRemix CD / Live USBを作る

今日はubuntu-defaults-builderを用いた、カスタムカーネル入りのLive USBの作り方を紹介します。

いつもは子ども用パソコンOKPCのネタに終始するのですが、ネタ的には独立させた方がウケが良いと思われるので、少し子ども用パソコンから離れる事にします。
この記事をご覧の方で、そもそも ubuntu-defaults-builder とは何ぞや?っと言う方は、あまりいらっしゃらないとは思いますが、ubuntu-defaults-builderに関して知りたい方は、「子ども用Live USBを作ってみよう」のアーティクルの最初の方に役に立つリンクを貼ってありますので、そのリンク先をご覧ください。

さて、カスタムカーネル入りのLive USBですが、実はどう頑張っても上手くいかず、面倒になって ubuntu-defaults-image を変更するという暴挙に出て実現しました。

続きを読む "ubuntu-defaults-builderをイジってカスタムカーネル版のRemix CD / Live USBを作る" »

2013年3月17日 (日)

Ubuntu 12.04 LTS Live USBの動作条件

今日はご自分のPCでUbuntu 12.04LTSのLive USBが動作するか?
というテーマにしたいと思います。

子ども用にカスタマイズしたLive USBに少し興味を持って頂き、作ってみようかな?なんて思っても、起動出来なければ意味がありませんね。

Ubuntu 12.04LTSのLive USBが動作するには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. USBからブート出きること
    これはお手持ちのPCのマニュアルのBIOS設定辺りの章にさらりと記述されていると思います。
    BIOSには起動デバイスの順番を設定する項目があるのが通常ですが、その選択肢としてUSBがあれば、USBからのブートが可能かと思います。
    Live USBを挿して電源ONでUSBから起動させるには、BIOS設定でUSBを内蔵ハードディスクよりも、起動の優先順位を高くしておく必要があります。
  2. CPUがPAE(物理アドレス拡張)に対応していること
    どうやらPentium Pro以降のCPUであれば、ほとんどのCPUで対応しているようです。ただし、一部のPentium Mでは対応していないらしく、非対応のCPUでは起動すらしません。
    とは言え、よほど古いパソコンでなければ、問題ないと考えて良いでしょう。
  3. メモリーとハードディスク
    公称はともかく、RAMは最低512M、出来れば1G以上を推奨します。
    USBから起動するので、ハードディスクに対する要求はありません。
    ただし、Linuxのswapがハードディスク上にあると、Live USBもswapを使ってくれる(fstabに勝手ににswapが追加される)ようなので、少しだけ安心感があります。
これだけ見ても、ちょっとピンと来ない場合には、実際に試してみるのは如何でしょうか?

お手軽な方法としては、

  1. LiLi(Linux Live USB Creater)をダウンロード。
  2. Ubuntu 12.04.1 Desktop 日本語Remixをダウンロード。
  3. LiLiを使って実際にLive USBを作ってみる(詳しい説明はググれば日本語のページが幾つも見つかります)。

実際に作って触ってみれば、Ubuntuってこんなものか?という理解も深まるでしょうし、使う上では思った以上にハードルが低いこともわかって頂けるかと思います。
実は私のLet's Noteでは、音が出ないのですが、そんな不都合も事前にわかることが出来ます。

とても簡単なので、実際にLive USBを体験する事は、とてもお薦めです。

ちなみに、LiLiの代わりにUnetbootinというツールのWindows版もお奨めのようです。

USBからブート出来ないPCの場合、Plop Boot Managerというソフトを使う手があります。ググると日本語で丁寧な開設ページが幾つも見つかるので、諦めきれない方はチャレンジしてみてください。

2013年2月10日 (日)

Live USBの保存領域拡張(4GBの壁を突破)

今日はLive USBのお話です。

以前に子ども用パソコンの作り方の中で、Live USBのデータ保存領域は4GBがMaxという事を書いたと思います。
これは、USBメモリーがFAT32でフォーマットされており、データ保存領域がファイルという形態で配置されている事に起因します。
Ubuntu標準の「スタートアップ・ディスクの作成」で、普通に作ればその通りなのですが、保存領域を増やす工夫をして見ましょう。

続きを読む "Live USBの保存領域拡張(4GBの壁を突破)" »