Link

  • 子ども用PCのテーマに♪

  • 美女Linux

Tweets

無料ブログはココログ

« Gmailの自動削除 | トップページ

2017年11月23日 (木)

Lollipopのマルチユーザー

最近、中古のタブレットを購入しました。
興味があったのは、マルチユーザーなのですが、ネット上にあまり情報がなかったので、とりあえず気づいたことをメモしておきます。
何かの役に立てば…

アマゾンで税送料込み16700円でした




物を書くのであればキーボードは便利ですが、WindowsにRDP接続する場合にはマウスやタッチパッドが必須です。
英語配列は慣れているので問題ないですが、RDP接続した際のIMEのOFF/ONのショートカットがわからず、ちょっと難儀しています。
ですが、このblogもZenPadからリンクのキーボードで書いていますが、本当に快適でお勧めです。

まず、今回入手したのはASUS製の10インチタブレット、ZenPad 10 Z300CLというモデルです。

残念なことに、以降のZenPad 10はマルチユーザーが実装されなくなったと聞いています。本当はHuaweiのタブレットにしようかと思ってたのですが、量販店で聞いたところHuaweiもマルチユーザーは実装されていないそうです。

と言うことで、このモデルに固有の話ですが、2~3わかったことをお話しましょう。

・ユーザーは所有者プラス1ユーザー

制限付アカウントか、所有者と「ほぼ」同じ権限のプロファイルを作成することができます。

制限付アカウントは使用していないので、以降は通常ユーザーを追加した場合のお話をします。

別途ゲストユーザーは使用可能です。

・追加したユーザーにはSDカードが見えない。

このため、16Gしかない内蔵ストレージは、追加ユーザーのために使われることになります。

所有者のユーザーは、ASUSカスタマイズ設定にて「外部ストレージ優先」にして出来るだけ内蔵ストレージを節約しておいた方が良いように思います。

なお、アプリのインストールは中々うまく出来ているようで、最初に所有者ユーザーでインストールした時にはSDカードにインストールされているのですが、次に同じアプリを追加ユーザーでインストールした後に、所有者ユーザーで確認すると、内蔵ストレージに移動されています。

どうやらインストールされるアプリのバイナリは共有され、ストレージを節約する様になっている様です。

この状態で所有者ユーザーで内蔵ストレージにあるアプリを外部ストレージに移動してしまうと、追加ユーザーでは見えなくなって、使用不可能になってしまいます。

・設定(権限)が微妙に違う

ASUSオリジナルの省電力設定アプリが所有者ユーザーのみが使用可。

このアプリは秀逸で、スリープ時に通信を遮断する事ができます。自動同期が必要な用途はケータイで、タブレットは用途が別と考える私にはぴったりの機能でした。

他にまた気づいたら、追記をする事にします。

 

« Gmailの自動削除 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lollipopのマルチユーザー:

« Gmailの自動削除 | トップページ