Link

  • 子ども用PCのテーマに♪

  • 美女Linux

Tweets

無料ブログはココログ

« Ubuntu 14.04の最小(CUI)インストールメモ | トップページ | Linuxでブート可能なUSBメモリーを作ってみよう »

2014年5月17日 (土)

水槽の温度上昇対策

突然ですが我が家には、7Lぐらいの小さな小さな水槽に、小さな観賞魚が何匹か生息しています。

昨年、初めて魚を飼い始め、夏場の水温上昇には悩まされていたので、今年は対策を考えてみました。

20140516_225342

Image1

水槽を立ち上げてから、ずっとブクブクなしでやってきたのですが、これを機に外掛け式のフィルター(テトラ AT-20)を導入。

 

そこに楽天で見つけた小型のUSBファンを取り付けてみました。

タイムリー 40mm USBファン LittleFAN40U

タイムリー 40mm USBファン LittleFAN40U
価格:950円(税込、送料別)

取り付け方法は蓋に穴を開けて、たまたま手持ちのあったエアコンのリモコンホルダーを壁に固定するためのネジを使ってネジ留めをして、たまたま手持ちのあったエアコン用の粘土で隙間を塞いだだけで、、、

まぁ、見たとおりです。

まだファンを回すほどの水温ではないので実力はわかりませんが、手をかざすと外掛けフィルターの排水口から、水面に風が流れているのがかすかにわかります。

夏場の水温上昇対策としては、水槽用の専用冷却ファンが幾つか売っていますが、ちょっとスッキリしたものが欲しかったので作ってみました。

 

参考までに武器ですが、100均で買ったデザインナイフの替え刃を半田ごてに無理やりクリップで固定して、溶かしながら切っていきました。

クリップの固定が甘いと熱された刃が飛んできたり床や足に落ちたりして危ないので、試してみようと思った方は十分に注意してください。

20140516_221948

効果の程は、もっと暑くなってから書くことにしますね。

« Ubuntu 14.04の最小(CUI)インストールメモ | トップページ | Linuxでブート可能なUSBメモリーを作ってみよう »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水槽の温度上昇対策:

« Ubuntu 14.04の最小(CUI)インストールメモ | トップページ | Linuxでブート可能なUSBメモリーを作ってみよう »